ようこそ。大阪キリスト教会へ。

――きょうの聖書から――

  「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。」

                          ——マタイ59後半

 

祈る相手の方は、「天にいます私たちの父」です。恐れ多くも天地を創造され、今も統治しておられる神を父と呼びます。なぜこれほどに親しく「父」とお呼びできるのか。それは、私たちがキリストの贖いによって、神の子とされ、神の家族の一員とされたからです。何よりも、大祭司であり、仲保者である御子イエスが私たちをとりなしてくださっているから、神の御前に、おじず恐れず近づけるのです。

その父なる方は「天にいます方」です。天におられて聖と尊厳に満ちた神、罪びとの私たちには到底近づけない神です。が、同時に「私たちの父」とお呼びできる神です。キリストの贖いがあるからこそ、私たちは神の聖さと尊厳を前にしても、尚も「私たちの父」とお呼びし、親しく近づくことを許されている神がここに表わされています。

しかも神は「私たちの父」です。私一人の父ではなく、キリストが贖ってくださったすべての人々の父です。自分のためばかりでなく他の人々とともに、また他の人々のために祈ることと示されます。

第一の祈願は「御名があがめられますように」です。この「御名」は単に神の呼び名を意味するのではなく、神が、いろんな称号、属性、規定、みことば、御わざなどそのすべてを通して私たちに知らせておられる一切の事を指すのです。神の栄光が、あらゆる所で、あらゆる事によって、あらゆる時に、私たちを含めたすべてのものによって現わされるようにと願うのです。