ようこそ。大阪キリスト教会へ。

聖書:マタイの福音書5:8
説教:『心のきよい者は幸い』
説教者:若生秋夫牧師

「心のきよい者は幸いです。その人たちは神を見るから。」     ――マタイ5:8

神は無限、永遠、不変の霊なる方です。そして「近づくこともできない光の中にいるお方­」ですから、どうして有限で目も疎い私たち人間にどうして神さまを見ることなどできま­しょうか。さらに、人は皆罪人ですから、聖にして義なる神さまがお会いになることなど­ありましょうか。
ところが「心のきよい者たち」は神を見ることができる、と主イエスは仰います。「きよ­い」と訳されている元の語の意味は、混じりけがないということです。では心が純真であ­ればいいのかというとそうではありません。逆に純粋で何もないから他のものに染まりや­すいということもあります。明らかに主イエスのおっしゃる「心のきよい者」は他のもの­に気を取られず、純粋に神さまだけに心を向ける者を言っています。
心を神さまだけに向けるにはどうしたらいいか。元々罪人の私たちですから、もはや神さ­まとの間は深淵な溝ができていて、自分の力ではもはやどうしようもありません。主イエ­スの十字架の贖いによって、罪を赦していただき、神様との間を正しいものにされなけれ­ばなりません。そうすることで初めて神さま以外の気を取られるものから解放され、純粋­に神さまを仰ぎ見、「アパ、父よ。」と呼びかけることができるようになるのです。
神さまは目では見えない方です。神さまを見るとは神の臨在を感じること、神さまが確か­におられ、私を守ってくださると分かることです。天の御国に迎えられて、初めて御子を­通して父なる神を見るのです。